コミュ障を克服するには電話での「おしゃべり」が効く!

ここ数年、何かと話題になるのが「コミュ障」についてです。

 

既に知っている人は多いと思いますが、念のために説明をしておくと、コミュ障とは

他人との会話やコミュニケーションを避ける

傾向にある人を指します。

 

コミュ障を克服するにはお喋りすることが一番の特効薬

 

実在する疾患であるコミュニケーション障害(身体障害、精神障害、発達障害に起因)とは違い、むしろ軽微な対人恐怖症と考える方が、ニュアンスとしては近いと思います。

 

さてさて、このコミュ障ですが、実際の生活ではそれほど困るものではありませんが、人と親密な関係を作る上では大きな障害となり得ます。

 

それについては、コミュ障の方が最もよく理解していると思いますが、ある種、諦めの境地から、

「別に、コミュ障だが困ってない。」

と言う人もいるでしょう。

 

特に40才を超えたコミュ障歴の長い人たちにその傾向が強いようです。
しかし基本的には対人関係を良くすることは様々なメリットがありますから、そこを自然に克服できれば、それらメリットを享受する事が出来ます。

コミュ障の多くは、人に気を遣う人が多い

多くのコミュ障の方の性質としてあるのは、人に気を使いがちという事です。

 

その為に、自らに課すハードルが高く、その結果として人との交流が億劫なものになります。

 

周りの人間がそれほど意識していないものでも、コミュ障は気を使ってしまうわけですね。しかも、このように指摘した所で、本人も気づいているパターンが多く、分かってはいるけど、気にしてしまう。

 

これら元となる要因が、自己評価の低さにあります。

自己評価とは?

読んで字のごとく、自分への評価と言う事です。

 

自分への評価が非常に厳しい為に、人としての魅力を人並みに持っているにも関わらず、それを低いものと評価してしまう傾向にあります。

 

それをフォローする形で人への気遣いが必要と考えたり、また逆に人への気遣いが出来なければ、評価はさらに下がると考えたりするケースが多いのです。

 

また、自己評価を厳しいものにしてしまう原因の発生は幼少期にある事が多く

自分の両親など近しい親族との関わり

である場合が殆ど。

 

ですから、責任の多くは本人にはありませんが、大抵の場合、両親、本人共にありません。

コミュ障の克服への道 その第一歩は「おしゃべり」

これらコミュ障への脱却には、状況や原因の把握だけではそれほど効果を持たないのが特徴です。

 

先ほど述べたように

「分かってはいるけど気にしてしまう」

ワケです。となると選択肢に上がるのは実践です。

 

そこで重要なのが、おしゃべりをしてみるということなのです。実際に他人と会話をすることで、慣れていくと言う事ですね。

 

いざやってみると、それが如何に簡単かという事が分かります。しかし、それが簡単に出来れば苦労はありません。

 

なので段階を踏んでいけばよいのです。

まずはチャットから始める

会って会話をするというのは、見た目や表情など様々な事を気にしなくてはならない為に、ハードルは高いものです。

 

おしゃべりでコミュ障を克服する過程

 

ですから、自分の事、相手の事が見えない状況下で会話をするのが良いでしょう。

最初のステップとして最も良いのはチャットです。

掲示板に書き捨てるのは簡単でも、実際に1対1でチャットはそれよりも難易度が高いですから、まずはそれを狙っていくと良いでしょう。

 

また、出来る限り相手は異性を狙っていくのが良いでしょう。

 

何故ならば、コミュ障の方は異性との交流を最も難しいと思っているからで、異性と交流できれば、絶対的な自信を持てるはずでしょう。

 

最そのステップとして

最も適したツールはゲーム

です。現在は男性だけでなく女性も多くのゲームをしています。

 

決して若い人だけでなく、むしろ主婦層も激増していますので、若い男性から40代の男性まで問題なく会話が楽しめます。

 

共にゲームをやっている以上、、話題には事欠かないのもポイント。コミュ障脱却のための最も最初のステップとして最適です。

 

しかしゲーム内では仲良くなっても、その後に個人的な連絡先を聞き出すのは、やはり難易度が高くなります。ゲームでのチャットをある程度楽しめるようになったら次のステップに行きます。

電話でのコミュニケーションを図る

電話はチャットと比べ難易度があがります。

 

声色や話し方、間の使い方など、様々な点において

チャットには無い要素が加わる

からです。しかし難易度が高い分、電話でコミュニケーションが取れれば、コミュ障も一気に改善が図れます。

 

この段階において有力なコミュニケーションツールは以下の3つです。

スカイプ掲示板にて相手を探す

 

ツーショットダイヤルにて異性と会話する

 

愚痴聞きサービスなどを利用する。

それぞれ一長一短があるので、解説していきます。

スカイプ掲示板

若い方が多く、10代~30代の男女がおしゃべりの相手を探しています。

 

年代に合っている方は積極的な利用をオススメします。

 

しかしグループ会話での募集が多いので、コミュ障の方だと会話に入っていきにくいかもしれません。必ず1対1で会話をするようにしましょう。

ツーショットダイヤル

当サイトでオススメしているツーショットダイヤルですが、基本的には一般の男女がエッチな事を目的としてコールしていますが、普通のおしゃべりを目的としている人も非常に多いのです。

 

また、確実に

1対1で会話が出来る点

もメリットの一つでしょう。

 

電話の相手は赤の他人ですし、IDなどがあるわけじゃありませんので、会話が難しければ、後腐れなくさっと電話を切る事も出来ます。

 

デメリットとすればコストがかかる点です。

愚痴聞きサービス

愚痴を聞いてもらいたい方向けの電話サービスです。

 

こちらも確実に1対1になれるのでオススメです。

 

しかし対応してくれる方は、アナタの会話に対して合わせようとしてくるので、一般的な会話と比べて、サービス色が強くなります。

 

目指すところは、利害の無い異性との会話ですから、その点からは少し外れてしまいます。

電話をする上での最大のコツ

電話での会話を安定させる最大のコツは、「焦らずゆっくりしゃべる」事です。

 

ゆっくりしゃべる事による効果は3つあります。

1、自分の気持ちが落ち着き、会話をしながら話題を探せるようになる

 

2、相手が聞き取りやすくなり、会話がスムーズになる

 

3、多少の間も、ゆっくりとしたペースの会話なら気にならなくなる

これら3つの効果は非常に強力で、このコツを一つ覚えておくだけで、会話を一気に安定させます。

 

他にも会話のテクニックが無いわけではありませんが、色々と頭に詰め過ぎてしまうと、考えが追い付かなくなり逆効果になります。

 

ですから、この1点だけを覚えて会話をしてみましょう。

まとめ

以上、コミュ障脱却までの道をお伝えしてきました。電話での会話が安定するようになれば、次は人と会って会話をするだけです。

 

その際には既に

会話に対する苦手意識は大きく改善している

ので、自然と会話が出来るようになるでしょう。

 

現代ではコミュ障と言われる方が人口の2割はいると推測され、しかも年々増加していると言われています。

 

ですから、非常に多くの方が「生きにくさ」を感じている事かと思います。

 

今回お伝えした内容は非常に実践的なもので、これら方法をさらに洗練させたものが、重度のコミュニケーション障害者の治療として医療現場で採用されています。

 

従って効果の程は非常に高いものなんですね。他者との会話を通じて少しでも日々の生活を豊かなものにする為にも、是非参考にして頂ければと思います。

 

関連ページ

現状でツーショットダイヤルは究極の熟女ナンパスポット!
電話占いにハマる女達が急増中らしい!そんな彼女たちの性欲解消は・・・?
タダマンできる女なんて腐るほどいる!割り切りや援助交際は金の無駄!
人妻さんと最速でパコるならセックスレス奥様に限ります!
回りくどい言い方を嫌う女は本当に多い!時にはハッキリと物を言う男になろう!
ミセスアイからのエロ妻供給能力は計り知れないレベルに!
「ミルク」の人気が爆発!人妻とのエッチを目指すなら確実にチェックしておくべき!
自信過剰男はNGだが人妻からの問いに対して「自信満々な回答はOK」です!
離婚率が高い地域のツーショット電話番号はシングルマザーが狙い目!
日本で最もエロい女がいる所を様々な角度から検証していくぞ!
電話中の小声と滑舌の悪さは確実に人妻さんをイラつかせます!
人妻さんとの会話で旦那への愚痴や不満を共有する口説きテクニック!
寂しいや暇してるは「会いたい」のサインかもしれない!
ツーショットダイヤルで簡単にパコれる人妻の特徴は飽きない長電話である!
人妻限定!愚痴聞きはエッチな出会いに繋がりやすい!
人妻は否定しない!頷く!褒める!が出会いへの近道です

PAGE TOP